西武源田がまた「レジェンド超え」 1981年の石毛宏典氏の球団新人最多安打を更新する今季128安打

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(6日・メットライフドーム)

 西武のルーキー源田が今季128安打として、また「レジェンド超え」を果たした。5日に1981年に石毛宏典が記録した127安打の球団新人最多安打に並んでいたが、3回1死二塁でロッテ先発チェンから二塁内野安打を放った。一、二塁間の深い位置へのゴロを二塁鈴木が好捕して一塁に送球したものの、自慢の俊足が勝った。源田は「偉大な先輩の記録を超すことができて、本当にうれしいです。1年目でここまでできるとは思っていませんでした。これからもチームのために、1本でも多くのヒットを打てるよう頑張ります」と話した。今季は同年の石毛以来となる新人での遊撃開幕スタメンを勝ち取り、7月には同年の石毛、53年の豊田泰光がマークした球団新人最多盗塁の25盗塁も更新している。

=2017/09/06 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング