西武・山川が8月MVP 4年目で初「すごくうれしい」9発28打点、3打席連発も

西日本スポーツ

 プロ野球のセ、パ両リーグは8月の月間MVPを7日に発表し、パ・リーグ打者部門で西武の山川穂高内野手(26)が4年目で初めて選出された。会見で「すごくうれしかった。自分はレギュラーではないので、打たないと生き残れない。打たないと次のスタメンがない意識を、毎日、1打席ごとに思って、しっかり勝負できた」と初々しく喜びを語った。

 山川は8月は27試合に出場して打率3割2分6厘をマーク。9本塁打、28打点などはリーグトップだった。複数安打を放ったのが11試合あり、2打点以上も10試合。2日の楽天戦では、3打席連続本塁打を放つなど、中軸としてチームの2位浮上に大きく貢献した1カ月を振り返り「3打席連続本塁打が、自分としても感触がいい本塁打だった。則本さんからも打てたのは大きな自信になった。(レギュラーではないという)立ち位置を忘れずに、死ぬ気で残り試合をやっていく」と気持ちを新たにしていた。


  受賞者は以下の通り。


 【パ・リーグ】投手=サファテ(ソフトバンク)打者=山川穂高(西武)


 【セ・リーグ】投手=マイコラス(巨人)打者=筒香(DeNA)


=2017/09/07付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ