ホークス、マッチが5試合ぶり一発 城島氏に並ぶタカでの通算

西日本スポーツ

 ◆ロッテ-ソフトバンク(8日・ZOZOマリン)

 松田が1日の楽天戦以来5試合ぶりの一発となる23号3ランを放った。3点リードの3回1死一塁、酒居の143キロ直球を左翼席中段まで運んだ。「追い込まれていましたが、自分らしい、いいスイングができました」。これが通算211号で、球団5位の城島健司氏(ホークス在籍時のみ)に並んだ。この日は序盤から打線が爆発。前回対戦した8月25日に白星を献上した酒居を相手に、初回、デスパイネの左前適時打で先制。「前回やられましたし、先手が打ててよかった。次の1点をまた取りにいきたいです」。その宣言通り、2回には明石が右前適時打を放ち、松田の一発で5点差に広げた。

=2017/09/08 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ