西武の辻監督、ホークス戦3連勝誓った ノーモア胴上げ

西日本スポーツ

 西武の辻発彦監督(58)が15日、目前での胴上げ阻止を誓った。優勝マジックを1として乗り込んでくるソフトバンクと16日から本拠地メットライフドームで3連戦。一つでも負けるか引き分ければ9年連続のV逸が決まるだけに、仙台から帰京した辻監督は「3連勝しかない」と気を引き締めた。

 暗い歴史にストップをかける。西武は2008年の優勝を最後に、目前で胴上げを見せられたのが過去8年で5度。直接対決ではなくても西武が負けて別チームの優勝が決まったケースも2度ある。幸いにも?今年は14日にマジック対象が西武に移り、自力でソフトバンクの胴上げを阻止できる状況となった。

 今季ソフトバンク戦は7勝14敗と既に負け越しが決まっているが、本拠地に限れば6勝3敗。就任1年目の辻監督は「いい投手との対戦が続くが、クライマックスシリーズ(で再戦する可能性)もある。しっかり戦う」と意気込んだ。16日に先発する野上も「相手の胴上げは見たくない。まずは勝たないと」と強調した。“ノーモア胴上げ”を合言葉に獅子が立ちはだかる。 (松田達也)

=2017/09/16付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ