ホークス柳田がお待たせ大台弾 17試合ぶりの30号逆転2ラン 持ってるギータ、大一番で節目の一発 5回にも適時二塁打

西日本スポーツ

 ソフトバンクの柳田が、2年ぶり2度目の大台弾で一気にスコアをひっくり返した。0-1で迎えた4回1死一塁。西武の先発野上が低めに投じたスライダーを捉え、逆方向へはじき返した。打球は左翼席に届く30号の逆転2ランに。8月23日の西武戦(ヤフオクドーム)で29号をマーク。大台にリーチをかけてから実に17試合ぶりとなった一発は、引き分け以上で2年ぶりのリーグ優勝が決まる大一番で飛び出した。「30本を目標にしてやっていたので、素直にうれしい。次も打席があるので集中して、追加点を取りにいきたい」と笑顔を見せていたが、5回1死一、三塁で迎えた打席では、右翼線へ適時二塁打。言葉通りの一打で追加点を奪った。

=2017/09/16 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ