ホークス内川が復帰即タイムリー 骨折明け2カ月ぶり1軍 2打席目にセンターへ

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(30日・京セラドーム大阪)

 故障明けのソフトバンク内川が、約2カ月ぶりの復帰戦でいきなりタイムリーを放った。2015年の工藤監督就任後では初めて4番以外の打順となる5番一塁で出場。1回1死一、三塁の第1打席は三ゴロ併殺に倒れたものの、2-1で迎えた3回2死一、二塁でセンター方向にはじき返し追加点をもたらした。「打ったのはスライダー。前の打席はチャンスで凡退してしまったので、絶対に打ってやろうと思っていた」。守備中に左手親指を骨折した7月23日のロッテ戦以来となる安打で、通算2000安打へ残り29。今季中の達成が確実視されながら止まっていた偉業へのカウントダウンを“再開”した。

=2017/09/30 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ