ホークス中田2回0封7勝 ピンチ招く四球を反省

西日本スポーツ

 3番手の中田が7勝目を手にした。0-0の7回から、9月14日のオリックス戦以来となる登板。8回、2四球などで1死一、二塁とされたが、4番マレーロ、5番小谷野から、いずれもフォークで空振り三振を奪った。2イニングを被安打1、無失点。「僕なりには一人一人丁寧に投げられたけど、8回は先頭に四球も出した。まだまだですね」と反省を忘れなかった。

=2017/10/02付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ