ホークス東浜、立ち投げ再開 宮崎で登板も

西日本スポーツ

 腰の張りで出場選手登録を外れている東浜が、投球練習を再開した。筑後のブルペンで立った捕手に30球。登板した9月23日楽天戦以来だ。「フォームを意識して投げたくらいの感覚。徐々に力を入れて投げられる状態にはなってきている」とした。倉野投手統括コーチは、今後の調整案の一つとして、9日から始まるみやざきフェニックス・リーグで登板を示唆。「順調に回復しているので試合(での調整)を考えたい。宮崎で投げるとしても1、2イニング程度だとは思う」とした。

=2017/10/04付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ