ホークス藤井2軍打撃コーチ、佐々木3軍監督退団

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは6日、藤井康雄2軍打撃コーチ(55)と佐々木誠3軍監督(52)が今季限りで退団すると発表した。現役時代は阪急(後にオリックス)一筋で通算282本塁打を放った藤井コーチは、2011年に1軍打撃コーチとして入団し、今季から2軍に配置転換。理論的な打撃指導に定評があった。

 佐々木3軍監督は南海(後に福岡ダイエー)や西武などでプレーし、首位打者、盗塁王(2度)を獲得した。福岡ダイエーで2003年に指導者としてのキャリアをスタートすると、社会人野球の指導などを経て、15年に復帰。3軍打撃コーチを2季務め、今季は3軍監督を務めた。この日、福岡市中央区の球団事務所を訪れた佐々木3軍監督は「来季のことは何も決まっていない」と話した。

=2017/10/07付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ