ホークス古谷 高卒新人左腕8日デビューへ 球団では上田卓三以来 50年ぶり歴史刻む

西日本スポーツ

 ドラフト2位の古谷優人投手(18)が、チーム今季最終戦となる8日の楽天戦で「歴史的デビュー」を飾る可能性が高まった。CSを見据え7日に11選手が出場選手登録を抹消され、空いた枠で初昇格が決定。高卒左腕が新人年に初登板すれば、球団では1967年の上田卓三以来50年ぶりとなる。ライバルは「同期のドラ1全員」と負けん気の強さは人一倍。ファームで力を蓄えた最速154キロ左腕が、今年の球団の新人一番乗りでデビューする。

 球団史に名前を刻む準備は整った。筑後で練習を終えた古谷が、心を躍らせながら杜(もり)の都に旅立った。「まさか今年(1軍に)呼ばれると思っていなかった。素直にうれしかったのと驚きが大きい。自分らしさを出せればいい」。高卒左腕では球団50年ぶりとなる1年目でのデビューに期待が膨らんだ。

 レギュラーシーズン最終戦に向け、工藤監督は7人の若タカを呼んだ。中でも注目はルーキーの古谷だった。指揮官は「展開にもよるから(投げるかは)分からない」と明言こそ避けたが、先発武田は5イニング程度の予定。「ここで投げることで今後のモチベーションにもつながる」と続け、古谷にデビューの機会が巡ってくる可能性は高そうだ。

 今季の古谷はまず3軍で研さんを積み、2軍昇格後は先発、中継ぎで計11試合に登板した。高校時代の最速に1キロ及ばなかったものの、プロ入り後も153キロをマーク。「自分が思い描いていた1年目より、それ以上の結果が出た。投げるスタミナはついたかな」と自己評価。その“ご褒美”が今回の1軍初昇格だ。

 「(1軍は)目標ではあったけど、同期の藤平(楽天)、堀(日本ハム)が投げている中で悔しい思いを持ってやってきた。自分はドラ2だからこそ、ドラ1に勝ちたい。そこに負けないようにやっていきたい」

 先にデビューを果たした同期の名前を挙げ、口調は熱を帯びた。同じチームでも大卒で5球団競合の田中より先に1軍昇格。9月29日には藤平と堀の投げ合いをテレビで観戦し、さらに気合が高まった。「ドラフトにかかったときからドラ1全員の名前を覚えて、この人たちには負けないようにと思った」。激しい闘争心を隠すことはしない。

 マウンドに立てば、球団では半世紀ぶりの歴史的なデビューとなる。Koboパーク宮城には家族も観戦に訪れる予定。「球速が何キロとか気にしないで、しっかりと腕を振っていければいい」。希望に満ちた18歳が、仙台で衝撃のデビューを飾る。 (小畑大悟)

 ◆古谷優人(ふるや・ゆうと)1999年2月19日、北海道幕別町生まれ。札内南小4年で野球を始め、江陵高では1年春から主戦投手。3年夏は北北海道大会2回戦の旭川西戦で自己最速の154キロをマーク。準々決勝の釧路工戦で8連続を含む大会新の20奪三振を記録し同校初の4強進出の原動力となった。今季は2軍戦11試合に登板し1勝2敗、防御率4.09。176センチ、76キロ。左投げ左打ち。

=2017/10/08付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ