西武シュリッター来季去就未定

西日本スポーツ

 今季の中継ぎ陣の軸としてリーグ4位の64試合に登板したブライアン・シュリッター投手(31)の来季の去就が未定であることが16日、分かった。今季加入した右腕は、1勝5敗32ホールドで防御率2.83。チームの長年の課題だったブルペン強化の一翼を担って2位躍進に貢献したが、8月以降は安定感を欠くようになり、この日は8回に試合を決定づける2本塁打を食らった。今季途中に加入したスティーブン・ファイフ投手(31)とフランク・ガルセス投手(27)は退団の見込み。エルネスト・メヒア内野手(31)と郭俊麟投手(25)は残留する見通しだ。

=2017/10/17付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング