ソフトBサファテ、岩崎フル回転

西日本スポーツ

 今季はシーズン54セーブのプロ野球記録を打ち立てたデニス・サファテ投手(36)が16日、ポストシーズンのフル回転を誓った。連投もイニングをまたいだ登板も覚悟。史上最強の守護神が力強く決意表明した。

 「3連勝で終わればいいけど、(CSで)6連投になってもいいようにしっかり1年間やってきた。さらに日本シリーズで7試合になっても全く問題ないよ」

 今季は3連投が最長だが、短期決戦は「リミッター」を解除。今季2度しかない回をまたいでの登板にもOKだ。「チームの勝ちが全て。メジャーのプレーオフはクローザーが8回から投げることもある。どんな場面でもいける準備はしておく」。倉野投手統括コーチも「シーズン中の制限はなくなる」と言い切った。

 公式戦登板は1日のオリックス戦が最後。「相手は勢いも試合の感覚もあるだろうけど、それは言い訳にならない。福岡でできるし、1勝のアドバンテージを生かしたい」。日本一まであと7勝。リーグ優勝に続く胴上げ投手に名乗りを上げる。「全ての勝ち試合に投げて、最後のアウトを取って、ビールかけをするのが目標」。決戦を心待ちにした。 (小畑大悟)

    ◇      ◇

 球団新記録の46ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手に輝いた岩崎もフル稼働を覚悟した。みやざきフェニックス・リーグと紅白戦で計3試合に登板し、CSへの準備は完了。シーズン中は主にリードした試合の8回を任されたが「何点差でもいくと思うし、7回の登板もあると思っている。忙しくなるポジションだと思うし、それだけの覚悟はできている。試合勘も戻ったので早く投げたい」と意気込んだ。

=2017/10/17付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ