最多勝右腕ソフトB東浜先陣 開幕男“4度目”も勝つ

西日本スポーツ

 いざ先陣へ入魂-。今季16勝で初の最多勝に輝いた東浜巨投手(27)が17日、今年4度目の“開幕戦”での必勝を誓った。楽天とのCSファイナルS初戦(ヤフオクドーム)でポストシーズン初先発に臨む5年目右腕。レギュラーシーズンでは、交流戦初戦や球宴明け初戦など3度の“開幕戦”で先発し、いずれも白星を挙げた。シーズン中と同様のハイペース投法で、楽天打線の出はなをくじく。

 楽天打線との戦いは、もう始まっている。第1戦のマウンドに上がる東浜は気合の入った表情で言い切った。「守ってくれる、打ってくれる、僕の後に投げてくれるチームメートを信じて、一球一球に魂を込めて投げたい」。口調は冷静でも、沸き立つ闘志だけは隠しようもなかった。

 昨季は日本ハムとのCSファイナルSで計4試合に登板したが、すべて中継ぎだった。「(今回は)初めて先発としてマウンドに上がる。短期決戦で経験していないこともある」。それでも、先手必勝の短期決戦初戦を任されるにふさわしい実績を残してきた。

 今季16勝のうち、交流戦初戦、交流戦明けの初戦、球宴明け初戦と3度の“開幕”を託され、いずれも白星を挙げた。マジック1で臨み、リーグ優勝を決めた9月16日の西武戦(メットライフドーム)でも勝利投手となるなど重圧のかかるマウンドで力を発揮してきた。だからこそ、この日は「投げるところの意識に関しては、何も変えることはない」とも付け加えた。

 今季5試合に登板した楽天との対戦成績は3勝2敗で防御率1・93。一方で、ウィーラーに2発、ペゲーロとアマダーに1本ずつ被弾している。特にウィーラーには13打数5安打の打率3割8分5厘をマークされた。逆転突破を決めた今月16日の西武戦では一発を含む3安打2打点の活躍だった。「楽天打線は外国人選手が中心になって、結構打ってるイメージがある。隙を見せたらどんどん付け込んでくる」。守護神のサファテをはじめリーグ最強のリリーバーが控えていることもあり、シーズンと同様、立ち上がりから全力投球で相手打線に立ち向かう。

 腰の張りのためレギュラーシーズン最終盤に出場選手登録を外れたが、10月に「みやざきフェニックス・リーグ」や紅白戦で実戦調整を重ね、大一番に合わせた。「今までやってきたことを信じて…」。人事は尽くした。いよいよ始まる楽天との死闘。東浜の「魂」がホークスに勇気の1勝をもたらす。 (谷光太郎)

=2017/10/18付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ