パCSファイナル始球式にソフトバンクJr主将 12月に全国大会「優勝するからホークスも」

西日本スポーツ

 ヤフオクドームで行われたCSファイナルステージ第1戦の始球式を、12月の「NPBジュニアトーナメント2017」に出場するソフトバンクホークスジュニアの主将、中尾湊君(北九州市・千代小6年)が務め、場内から温かい拍手を受けた。

 全力で腕を振って投げたボールは高めに大きくそれたが、捕手の甲斐から「ナイスボール」と声を掛けられてにっこり。「ヤフオクドームのマウンドに立てるなんて夢みたいです。旗を振る人がたくさんいて、緊張で足が震えました」と興奮気味に話した。

 所属するチームでは主に投手で最速は125キロという速球派。ソフトバンクと同じく日本一を目標に練習に励んでいる。「僕たちも絶対に優勝するので、ホークスにも絶対優勝してほしいです」と“先輩”たちにハッパをかけた。好きな選手は柳田だが、故障のためファイナルステージ第1戦は欠場しておりちょっぴり残念そうだった。

=2017/10/18 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ