【パCS】東浜、ソロ3発で3失点 6回途中で森にスイッチ

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 ソフトバンク-楽天(18日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの東浜が6回途中3失点で降板した。初回先頭の茂木にカウント1-1からの3球目、高めに浮いた真っすぐを捉えられ左中間スタンドへ。2回2死からこの日出場選手登録されたアマダーにも中越えに運ばれた。4回1死からはウィーラーにバックスクリーン最前列へ。6回2死三塁、ウィーラーを迎えた場面で交代を告げられ、森にスイッチした。「先制点を与えないようにと思いマウンドに立った。いきなり出ばなをくじかれてしまったが、粘り強く投げようと思った。あらためて1球の失投の怖さを思い知らされた」と悔やんだ。5回2/3を3失点。86球を投げて4奪三振、被安打はソロ本塁打の3本だけという内容だった。

=2017/10/18 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ