【パCS】東浜3発に沈んだ 打線は2得点・今宮のソロ&内川のソロ

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 ソフトバンク2-3楽天(18日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが第1戦を落とした。2点を追う9回2死、内川が松井裕からソロを放ち1点差となったが、デスパイネが三振に倒れてゲームセットとなった。

 誤算は先発の東浜。初回、茂木に先頭打者アーチを打たれると、2回にアマダー、4回にはウィーラーと3発のソロを浴びた。5回2/3を被安打3の3失点で降板した右腕は「先制点を与えないようにと思いマウンドに立った。いきなり出ばなをくじかれてしまったが、粘り強く投げようと思った。あらためて1球の失投の怖さを思い知らされた」とうなだれた。

 右脇腹痛の柳田を欠くホークス打線は、楽天先発の左腕塩見に苦しんだ。3点を追う6回に今宮がソロを右翼スタンドに運んだが、6回を4安打1得点に抑えられ、最後まで主導権を握れなかった。対戦成績はソフトバンクの1勝のアドバンテージを含めて1勝1敗となった。

=2017/10/18 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ