ソフトB石川、嘉弥真が初登板で無失点

西日本スポーツ

 ポストシーズン初登板となった嘉弥真と石川がそろって無失点に抑えた。嘉弥真は7回頭から3番手で登板し、左の島内を一ゴロ。「試合が空いていたからシーズン中より緊張したけど、思ったように投げられた」。続く代打今江の場面では石川が登板。149キロの真っすぐで空振り三振に切って取った。その後の2死一、二塁のピンチもしのぎ「(CSの)早いタイミングでマウンドに上がれてよかった」とうなずいた。

 森(6回2死三塁で2番手で登板し、ウィーラーを中飛)「あそこで点を取られたら試合が終わってしまう。シーズン中と同じように投げられてよかった」

=2017/10/19付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ