【ソフトB見どころ】キドコロ連チャン中? 昨季はマルチ翌日.333の3発

西日本スポーツ

 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 ソフトバンク-楽天(21日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは第3戦で城所が今CS初スタメン。今季レギュラーシーズンでは無安打だったが、一転、2安打を放って抜てきに応えた。昨季はマルチ安打を8度マーク。「その翌日の試合」の成績を見ると、

 5月29日ロッテ戦 5打数0安打

 6月8日DeNA戦 3打数1安打

 同12日巨人戦 4打数3安打(2本塁打)

 同16日ヤクルト戦 5打数2安打(1本塁打)

 同17日阪神戦 4打数1安打

 計21打数7安打で打率.333、3本塁打の成績を残した。MVPに輝いた交流戦期間のデータがほとんどで、絶好調時のものとはいえ、気をよくして打っていくタイプなのがうかがえる。第4戦も起用法を含めて注目される。

 4番内川は4試合連続ホームランを放てば、2014年中田(日本ハム)に並ぶCS記録。中田の記録はファースト、ファイナル両ステージにまたがっており、同一ステージでは新記録となる。

=2017/10/21 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ