ソフトB晃、連続V弾 CS史上初

西日本スポーツ

 またも勝負を決める一発を放った。6回無死。内川の同点弾に本拠地が酔いしれる中、前日に決勝2ランを放った中村晃が打席に向かう。「内川さんがいい流れをつくって、その流れに乗れた。思い切っていけました」。宋家豪の初球、引っ張った直球は前日同様に右翼席へ飛び込んだ。

 着弾を確認し、両手を広げてとびっきりの笑みを浮かべた。前日はこみ上げてきた涙はない。「本当は泣きたくないけど、昨日はいろいろ重なって…。今日は本当にうれしかった」。2日連続のV弾を「主力で出ているのでゲームを左右する。プレッシャーもかかるけど、その中で打てたのはいい経験」と振り返った。

 打順は第1戦から3→3→7→5。シーズン同様に柔軟に対応し、2回は第2戦で失敗した犠打も成功させた。「バントを決められたのが良かった。それで落ち着いたと思う」。同一ステージ2戦連続V弾はプレーオフ、CSで初。冷静さを取り戻したヒーローがチームを王手に導いた。

=2017/10/22付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ