ソフトB侍コンビ日本Sで巻き返す 上林と甲斐 悔し涙をうれし涙に

西日本スポーツ

 上林誠知外野手(22)が24日、日本シリーズでの巻き返しを誓った。CSファイナルSでは1、2戦に先発出場したが、5打数無安打。日本シリーズ進出を決めた5戦を前に出場選手登録を抹消され、悔し涙を流した。「CSの悔しさを日本シリーズで思いっ切りぶつけたい」と意気込んだ。

 高卒4年目で初めて規定打席に到達。CSでもスタメン起用されたが、期待に応えられなかった。3、4戦はベンチを温め、5戦はベンチにも入れず。工藤監督の胴上げで歓喜に沸く中、一人だけ悔し涙を隠すことができなかった。

 藤本打撃コーチは「普段は感情を表に出さない上林の涙を見たら悔しさは伝わった。バネにして一回り大きくならないといけない」と奮起を促した。代わって出場した城所が起爆剤になり、不動の柳田も帰ってきた。厳しい状況には変わりないが、チャンスはある。

 きょう25日の全体練習では実戦形式のシート打撃も実施予定。藤本コーチは「(レギュラー陣以外は)みんなゼロから。練習でアピールしてもらわないと。みんなにチャンスはあるし、明日(25日)のシートは大事になってくる。内容のいい打撃をしてもらいたい」と競争の激化を予告した。

 上林自身も「しっかりとアピールしていきたい」と力を込めた。急成長を遂げたシーズンの集大成。悔し涙をうれし涙に変えてみせる。 (小畑大悟)

   ◇    ◇

 甲斐も日本シリーズでの巻き返しを狙う。先発マスクをかぶった1、2戦は連敗。先発投手との相性で3連勝した3戦目以降は出番がなかった。「チームが勝つことが一番だったのでベンチにいても気持ちは一緒。(個人的には)2試合勝てなかったのですごく悔しかった。任されたところはしっかりやっていきたい」。練習を終えると自宅でセ・リーグのCSを観戦して、日本シリーズに備える。

=2017/10/25付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ