西武稼頭央獲り 15年ぶり古巣復帰も

西日本スポーツ

 西武が球団OBで楽天を退団する松井稼頭央外野手(42)の獲得調査に乗り出していることが26日、分かった。現役続行を強く希望している松井稼だが、チームの若返りを図る楽天の方針もあり来季の戦力構想から外れた。正式な退団発表を待ち、西武が獲得オファーを出すとみられる。

 松井稼はドラフト3位で1994年に西武入団。在籍10年で3度のリーグ優勝に貢献し、2003年オフにフリーエージェント宣言して米メジャーのメッツ入りした。10年オフに楽天入りして日本球界に復帰し、13年の日本一に貢献した。

 ストイックに練習に取り組む姿勢など若手に与える影響も大きく、功労者として以前から西武の評価は高かった。“レジェンド”の15年ぶりの古巣復帰となれば大きな注目を集めそうだ。

=2017/10/27付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング