【ソフトB見どころ】「1番柳田」はシリーズ打率4割 第1打席に限れば6割!

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第1戦 ソフトバンク‐DeNA(28日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの1番柳田は、2014年阪神との日本シリーズでも全5試合に1番で出場している。同年シリーズ各試合の打撃成績と第1打席の結果は、

(1)戦 4打数2安打1打点(第1打席…中飛)

(2)戦 4打数1安打0打点(第1打席…中前打)

(3)戦 4打数2安打0打点(第1打席…右線2)

(4)戦 4打数1安打0打点(第1打席…左線2)

(5)戦 4打数2安打0打点(第1打席…見三振)

 全試合で安打を放っており、計20打数8安打で打率4割。第1打席に限れば5打席で二塁打2本を含む3安打、打率6割の好成績だった。翌15年ヤクルトとのシリーズでは3番で、同じ5試合に出場し19打数3安打の打率1割5分8厘。トリプルスリー達成で徹底マークされた結果ながら、大きな差がある。

 22日、楽天とのパ・リーグCSファイナルステージ第5戦に1番スタメンで右脇腹痛から電撃的に復帰すると、第1打席の遊撃内野安打を皮切りに4打数2安打をマーク。14年オールスターゲーム第2戦で1本塁打を含む4安打を放ちMVPに選出された時も、全パの1番だった。大舞台でリードオフマンとして輝いてきた男は、今シリーズでどんな働きを見せるか。

=2017/10/28 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ