高速3回転!!体操女子の村上茉愛がアクロバティック始球式 自己採点は80点

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第1戦 ソフトバンク-DeNA(28日・ヤフオクドーム)

 第1戦の始球式を務めた体操女子の村上茉愛(21=日体大)がド派手な登場で大歓声を浴びた。

 今月にカナダ・モントリオールで行われた体操世界選手権の種目別女子床運動で日本勢初の金メダルを獲得。名前の「マイ」と読ませる背番号01のユニホームで「体操と言えばバック転」と人工芝の上で3回決めてマウンドへ向かった。

 「もともと球技は苦手じゃない」と、ワンバウンドながらど真ん中のコースへ。日体大の野球部監督とキャッチボールしてきた成果も見せ「(捕手の)手前で落ちたので80点。でも投げられただけで光栄」と笑った。

 球場を訪れるのも初めてで「観客の人数、会場の広さ、歓声も大きくて、気持ち悪くなるぐらい緊張しました」と言う。2020年の東京五輪まで1000日となり「こういうことを経験の一つとして頑張りたい」と大舞台をしっかり自分の糧にしていた。

=2017/10/28 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ