エッ!2打席前に2ランのSB長谷川勇に代打 工藤監督、攻め手緩めず一挙7点

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第1戦 ソフトバンク―DeNA(28日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督が、優勢にもかかわらず動いた。

 1点を返された直後の5回の攻撃で、デスパイネの適時打で再びリードを3点に拡大。なお1死満塁とDeNA先発井納を攻めて降板に追い込み、サウスポー田中健が出てきたところで、左の7番長谷川勇に右の代打川島を送った。

 2回の第1打席で2ランを放っている長谷川勇は、わずか2打席で退いた形。結果、川島はストレートの四球を選ぶと、その後も打線がつながり、結局この回一挙7得点のビッグイニングとなった。

=2017/10/28 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ