ソフトB5回に一挙7点 初出場デスパ3連続ヒット 柳田、今宮は連続2点打

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第1戦 ソフトバンク-DeNA(28日・ヤフオクドーム)

 日本シリーズ初出場のデスパイネが3打席連続安打でソフトバンク打線を活気づけた。初回1死二塁の第1打席で左翼手の横を抜く先制の二塁打。「球場の歓声がすごかったので気分よく打席に入れた。最初のチャンスで先制できてよかった」と気を良くすると、3回は先頭で遊撃内野安打、1点を返された直後の5回は相手エラーも絡んだ無死三塁の好機で中前にタイムリーを放った。「千賀が失点した後だったし、流れを向こうに渡したくなかったので、どうにかして得点したかった。みんながつくったチャンスを生かせてよかった」と喜んだ。この時点で本塁打こそ出ていないものの2打点をマーク。パ・リーグ本塁打&打点の2冠王が貫禄を見せつけた。この回は押し出し四球による2点に1番柳田、2番今宮の2点打も飛び出し、計7得点のビッグイニングで10-1と大差をつけた。

=2017/10/28 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ