本塁上は数ミリ差!?長~いリプレー検証で判定アウト→セーフ!ソフトB逆転

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第2戦 ソフトバンク-DeNA(29日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが長い長いリプレー検証の結果、あまりに重い1点を手にした。

 1点を追うソフトバンクは、2死満塁で中村晃がDeNA4番手のパットンから右前打。三塁ランナーの柳田が同点のホームを踏み、続いて二塁ランナーの今宮も本塁を狙って頭から滑り込んだ。

 左手で本塁に触りにいったが、DeNAのライト梶谷の本塁返球を、本塁やや一塁寄りの位置で受けたキャッチャー戸柱からタッチを受ける。球審のコールはアウト。ここでソフトバンク工藤監督が両手を振りながらベンチを出て、リプレー検証を要求した。

 タイミングに、今宮の左手、戸柱のミットの位置関係も極めて微妙だった。約6分半に及んだ検証の結果、判定はセーフとなり、逆転に成功したソフトバンクベンチは大盛り上がり。3回、松田の左翼への大飛球を巡ってのリプレー検証の結果は、当初の判定通りファウルだったが、今度は吉と出た。

=2017/10/29 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ