西武・辻監督「投手強化」要望 シーズン報告

西日本スポーツ

 就任1年目で4年ぶりのAクラス(2位)に導いた西武の辻発彦監督(59)が30日、シーズン報告のため埼玉県所沢市の西武鉄道本社を訪れ、後藤高志オーナーに投手の補強をリクエストした。来季は2年契約の最終年。10年ぶりのV奪回へ「投手陣を整備すれば優勝は狙える」と強調した。

■オーナーも快諾

 クライマックスシリーズではファーストステージで敗退も昨季の4位から躍進しての2位。チーム再建の手応えをつかんだ辻監督の視線は頂点だけを見据えている。「補強は編成部門に任せているが、とにかく投手を強化してほしいとお願いした」。熱意を受け止めた後藤オーナーも「若手を鍛え、より強いチームにしてほしい。補強面もバックアップする」と約束した。

 V奪回に不可欠な戦力の残留も切なる願いだ。フリーエージェント有資格者で去就が注目される牧田、野上、炭谷らについて、辻監督は「本人たちの権利ではあるがチームにとどまってほしい」と要望した。球団は今後、各選手と交渉を進める。鈴木球団本部長は「彼らは必要な戦力。(米メジャーへのポスティング移籍を希望した)牧田だけでなく、それぞれと話をしていく」と説明した。 (松田達也)

=2017/10/31付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ