ソフトB工藤監督「一つも負けない覚悟で」

西日本スポーツ

 工藤公康監督(54)が、一気に敵地で日本一を決める意気込みを示した。29日の第2戦は、執念のリプレー検証も実り2連勝発進。現役時代は日本シリーズに最多タイとなる14度の出場を誇るだけに「4連勝したこともあるし、3連敗から4連勝したこともある。シリーズは一つの勝ちで流れが変わることもある。そういう意味で一つも負けない覚悟でいく」と、かぶとの緒を締めた。

 ただ、就任1年目の15年も敵地神宮で日本一を決めただけに、福岡のファンにとっては複雑な思いもある。「二つ勝ったので(横浜で)どんなことがあっても、福岡には帰れる。それ(福岡での胴上げ)がかなわず、もしここで決められるとしても、選手にはうれしいこと」と、場所よりも日本一になることが重要だと強調した。自宅もある横浜の地で、今季3度目の胴上げをしてもらう。

=2017/10/31付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ