【ソフトB見どころ】日本S「0」コレクター ソフトB武田 16イニングで失点2度だけ

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第3戦 DeNA-ソフトバンク(31日・横浜)

 ソフトバンク武田は3度目の日本シリーズ先発。過去2度はいずれも白星を挙げており、2014年阪神とのシリーズでは初戦黒星で迎えた甲子園での第2戦に登板し、7回3安打1失点。15年ヤクルトとのシリーズではヤフオクドームでの第1戦に登板し、4安打2失点で完投した。

 投球内容が出色で、14年は6回2死から代打狩野に左前打を許すまでパーフェクト。この回、西岡の右翼線二塁打で唯一の失点を喫した。15年は9回2死から畠山に左越え2ランを浴び、惜しくも完封を逃す展開。計16イニングを投げ、この2イニングしか失点していない。

 横浜での登板は15年の交流戦で1度だけあり、その試合では完封勝利を挙げている。今回はいくつの「0」を並べられるか。

=2017/10/31 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ