ソフトB3戦連続初回に先制! 第3戦は10球で先制 7→5→10

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第3戦 DeNA-ソフトバンク(31日・横浜)

 2連勝で横浜スタジアムに乗り込んだソフトバンクが3戦連続で初回に先制した。1番柳田が右前打を放ち、3戦連続となる初回の安打で出塁。今宮の初球に二盗を決めると、その今宮も3戦連続の初回犠打で1死三塁とチャンスを広げた。デスパイネは空振り三振に倒れたが、4番内川が、ウィーランドの高めに入ったカーブを捉え、右越え二塁打。1点を奪った。「前のデスパ(デスパイネ)がやられたのでカバーできてよかった」と4番の仕事を果たすシリーズ初打点にうなずいた。試合前、工藤監督が「やっぱり先制だと思います。先に点を取れるか取れないかは非常に大きいと思います。1、2戦、先制した中で最終的には勝っていますんで、そのスタイルは変えないでいきたい」と狙い通りの速攻だ。第1戦の7球→第2戦の5球→第3戦は10球であっさりと先制した。

=2017/10/31 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ