ソフトBが3連勝で2年ぶりの日本一に王手 工藤監督、第4戦へ「明日決めるぐらいの強い気持ちでゲームに臨む」

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第3戦 ソフトバンク 3-2 DeNA(31日・横浜)

 ソフトバンクが開幕3連勝で2年ぶりの日本一に王手をかけた。初回に柳田が3試合連続の先頭打者安打となる右前打を放つと、すかさず二盗。今宮が犠打で三塁へ進め、2死後に内川が右越えの先制二塁打を放った。クライマックスシリーズMVPの内川は今シリーズ初打点。4回には高谷の2点適時打でリードを広げた。先発の武田は5四死球と不安定な投球で、4回にはロペスにソロを被弾。5回途中からは継投策となり、6回1死満塁では4番手の森を投入。2死後に倉本の適時内野安打で1点差に迫られたが、桑原を右飛に打ち取ってリードを死守。7回以降はモイネロ、岩崎、サファテのリレーで逃げ切った。2試合連続の1点差勝利で日本一まであと1勝とした工藤監督は「手に汗を握るゲームで、僕もずっと手の汗をユニホームでふいていました。(第4戦は)みんなの力を合わせて、明日決めるぐらいの強い気持ちでゲームに臨みたい」と話した。

=2017/10/31 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ