ソフトB工藤監督、あわやノーノー完敗もさばさば「そういうときもある」

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第4戦 DeNA6-0ソフトバンク(1日・横浜)

 打線が振るわず今シリーズ初黒星を喫したソフトバンク工藤監督は、さばさばとした口調で試合を振り返った。

 DeNAの浜口先発は予想通りで、7番二塁で右打者の川島も起用していたが大苦戦。「クライマックスシリーズでも(楽天の塩見、辛島に)やられましたけど、チェンジアップだったり、緩急にみんながついていくまでにちょっと時間がかかったかな」。チーム初安打は3点を追う8回1死で代打起用した鶴岡の二塁打。ここから浜口を降板に追い込み、2死二、三塁までこぎ着けたが無得点だった。

 一気の4連勝で日本一とはいかなかったが「うまくいきませんでしたね。まあそういうときもあります」と冷静だった。

=2017/11/01 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ