工藤ホークス ハマの九州男児にやられたばい 浜口に8回1死まで無安打

西日本スポーツ

 九州男児にやられてしもうた…。無敗で王手をかけて迎えた第4戦、工藤ホークスが日本シリーズ球団最少タイの2安打で完封負けを喫した。佐賀県出身のルーキー浜口に8回1死まで無安打に封じられ、同県出身の宮崎、福岡県出身の高城にはいずれも一発を含む3安打を献上。どちらが九州の球団か分からない完敗となった。第5戦は横浜での最終戦。きょうこそ2年ぶりの日本一を決める。

 スコアボードに9個目の「0」が刻まれると、ベンチの工藤監督は一瞬で悔しさをのみ込み、すぐに明るい表情で第5戦へと視線を移した。0-6の完敗で今シリーズ初黒星。クライマックスシリーズ(CS)から続いていた連勝も6で止まったが、歴代最多タイ14度のシリーズ出場を誇る「短期決戦の鬼」は前だけを向く。

 「切り替えやすい? そうだね。ベンチも明るかったしね。最後までみんな声も出してくれた」

 スイープでの圧勝日本一をもくろんでいたが、九州生まれのルーキー左腕に阻まれた。佐賀県基山町出身の浜口だ。第1戦は7球、第2戦は5球、第3戦は10球と初回の先制に成功していたが、この日は無得点。お得意パターンを止められると、ずるずると左腕の術中にはまってしまった。腕を思い切り振ってのチェンジアップを巧みに操られ、強力打線が手玉にとられた。

 青く染まった「敵地」にもやられた。互いに無得点のまま迎えた5回には、先頭の6番松田がラッキーな振り逃げ(記録は三振と捕失)で出塁。何としても先制点をもぎとりたい場面だったが、ビジターではDH制がなく9番に4回まで無失点と好投していた和田が入っていたこともあり、ベンチは無死一塁から7番川島の打席で強攻策を選択したが、併殺に終わった。

 敗れはしたが、シリーズの流れが大きく変わる可能性もあった最悪の事態は何とか避けた。浜口は7回まで無安打投球。8回に入ると、日本シリーズ史上初の1投手によるノーヒットノーランを期待するスタンドが異様にざわついた。8回1死まで無安打は続いたが代打の鶴岡が右翼への二塁打を放ち阻止。「(浜口に)うまくやられちゃいましたね」と、指揮官も大舞台で躍動した敵の九州男児に脱帽した。

 打線でも佐賀県唐津市出身の宮崎、福岡市東区出身の高城に一発を含む3安打を献上。投打で九州男児の大暴れを許したが、残り3試合で1勝すれば日本一という圧倒的に優位な状況は変わりない。「そういう考えは持っていない。(第4戦から)四つの中で1個とかではなく、今日も勝ちにいった。また明日対策を取って、動けるところは動いてやっていく。明日、頑張ります!」。工藤監督がきょうこそ、頼もしい選手らの手で、日本一の宙に舞う。 (倉成孝史)

 ◆2安打は球団最少タイ ソフトバンクが2安打零封負け。ゲーム2安打は球団では巨人高橋尚に完封された00年(5)戦に並ぶシリーズ最少。零封負けも同試合以来で球団ではシリーズ通算9度目となった。日本シリーズで3勝0敗(引き分けありを含む)から黒星は過去10度あり、7度が日本一。3勝1敗となったのは過去33度あり29度が日本一、V率88%と引き続きデータ上では優位だ。ソフトバンクは14、15年は第5戦で日本一を決めたが今年はどうか。

=2017/11/02付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ