【日本シリーズ速報】ソフトBが5回に再逆転 柳田出塁からデスパ同点犠飛 中村晃が勝ち越し2ラン

西日本スポーツ

 ◆日本シリーズ第5戦 DeNA―ソフトバンク(2日・横浜)

 ソフトバンクが1―2で迎えた5回に得意の形で再逆転した。

 先頭の柳田が中前打で出塁し、今宮の犠打と暴投で三塁へ進むと、続くデスパイネが中犠飛を放った。4回に筒香の逆転2ランを許した直後にすかさず追い付き、デスパイネは「先頭打者のギータ(柳田)がしっかり出塁して健太(今宮)が送り、3、4番がかえすのがホークスの野球なので、しっかり仕事ができてよかった。流れを渡したくなかった」とうなずいた。

 なおも4番内川が左前打で出塁。続く中村晃がDeNA先発の左腕石田の内角直球を完璧に捉え、右翼席中段へ運ぶ特大の勝ち越し2ランを放った。
 普段はクールな男が、ガッツポーズを見せながらダイヤモンドを一周。第4戦までの打率1割に沈んでいたが、大きな仕事をやってのけ、「何とか粘って、後ろにつなげようと思いました。チームが勝ち越しできてよかったです」と喜んだ。

=2017/11/02 西日本スポーツ速報=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ