ソフトB明石痛恨エラー 判断に迷い「タッチの方が早いと…」

西日本スポーツ

 明石が痛恨の失策をした。同点に追い付かれた直後の6回1死一、三塁で代打嶺井の二ゴロをファンブル。その間に三塁走者が勝ち越しのホームを踏んだ(嶺井に打点)。併殺を狙ったが「難しいところだった。セカンドにトスしても微妙なタイミングでタッチの方が早いと思った」と迷いがあったことを認めた。1点を追う9回は2死満塁で打席が回ってきたが、一ゴロに倒れて最後の打者に。攻守で悔しい結果となった。

=2017/11/03付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ