ソフトB松田「熱男」特盛り弾 先制ソロ後に絶叫パフォーマンスおかわり

西日本スポーツ

2回2死、先制ソロを放ち「熱男~!」と雄たけびを上げる松田 拡大

2回2死、先制ソロを放ち「熱男~!」と雄たけびを上げる松田

 2度、ヤフオクドームが揺れた。初回先頭から今永に5人連続で抑えられ、迎えた2回2死。松田は1ボール2ストライクと追い込まれていたが、4球目の145キロにタイミングが合った。低空ライナーが左中間へ伸びていく。ファンの大声援を受けた打球は、そのままテラス席に飛び込む先制ソロになった。

 「今日絶対決める気持ちで、チーム一丸で戦う」

 ベンチ前でチームメートとハイタッチをした後は、恒例の「熱男~!」と右拳を突き上げるホームランの儀式。超満員のスタンドが大きく沸いた。直後の守備に就く際には、スタンドからの「松田! 松田!」の呼び掛けに、三塁の守備位置から再び「熱男~!」と絶叫。シーズンでは見せない2度目のパフォーマンスを披露するほど、テンションは最高潮だった。

 「先制できて良かった。ベイスターズも強くて、どうなるかと思ったけど、みんなの力で優勝できた」。シーズン中も筋力トレーニングを続けながら全試合出場を果たした男は激闘を振り返った。リーグ優勝を決めた9月16日の西武戦、日本シリーズ進出を決めた10月22日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦。ウイニングボールはいずれも松田の三塁に飛んできたが、今回はサヨナラ勝ち。違う幕切れを心から楽しんだ。

=2017/11/05付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ