松坂ホークス退団正式発表 「歓喜の輪の中にいたかった」 球団通しコメント

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは5日、松坂大輔投手(37)が今季限りで退団すると発表した。在籍3年目の今季は右肩の不調から1、2軍を通じ登板なし。2015年に3年総額12億円(推定)プラス出来高の大型契約で入団後、1試合の登板に終わった。球団から支配下選手登録を外れた上でコーチを務めながら復帰を目指すよう打診されたが、辞退したため、退団が決まった。

 球団を通して松坂は「福岡ソフトバンクホークスの関係者の皆さま、ホークスファンの皆さま、この3年間期待に応えられず申し訳ありませんでした。できる事なら胸を張ってチームの歓喜の輪の中に入っていたかったです…。最後の瞬間までリハビリに付き添っていただいたスタッフの皆さん、いつも私に真剣に向き合ってくださった工藤監督、コーチ、選手の皆さん、何より温かい声援を送ってくれたファンの皆さまの一つ一つの声に私は支えられてきました。いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは1軍のマウンドだと思っています。またいつかグラウンドでファンの皆さま、チームメートに再会できる事を信じて前を向き続けていきたいと思います」とコメントした。

=2017/11/06付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ