3コーチ退団のソフトBを待つ「包囲網」 鳥越&清水氏ロッテ、佐藤氏は楽天

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは5日、佐藤義則投手コーチ(63)、鳥越裕介内野守備走塁コーチ(46)、清水将海バッテリーコーチ(42)が今季限りで退団すると発表した。いずれもパ・リーグの他球団で入閣する可能性が高く、来季は「ホークス包囲網」が形成されそうだ。

 2015年から3年間務めた佐藤コーチは、この日ヤフオクドームを訪れて「2回も日本一になれたし、それなりにできたかな。東浜がしっかり勝てるようになってくれたし、千賀もローテで回れるようになった」と、若手投手陣の成長を実感した。同じく本拠地を訪れた清水コーチも「最後に日本一になってよかった。いい仲間に出会えた」と感謝の思いを口にした。

 楽天の投手コーチに招聘(しょうへい)されている佐藤コーチは「(ホークスは)これからも強くなる。(楽天を)勝てるようなチームにしてきます」とコメント。同じくロッテで入閣する見込みの清水コーチも「一緒にやってきたメンバーと戦うのはつらいけど、打倒ホークスでやっていきます。(甲斐に)対抗できるようなキャッチャーを育てたい」と意気込んだ。

 2軍監督時代などを含め、ホークスで11年間指導した鳥越コーチもロッテでの入閣が決定的となっている。

=2017/11/06付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ