西武が許銘傑氏を招聘へ 2軍投手コーチ打診

西日本スポーツ

 西武が来季の投手部門のコーチに、球団OBの許銘傑(シュウ・ミンチェ)氏(40)の招聘(しょうへい)を目指していることが分かった。2軍投手コーチの就任を打診しているとみられる。

 許氏は2000年に西武に入団し、01年には11勝を記録するなど、先発や救援などで活躍した。11年から登録名を「ミンチェ」に変更。12年にオリックスにFA移籍した。西武に12シーズン、オリックスに2シーズン在籍し、日本通算301試合に登板して49勝49敗2セーブを記録。その後は台湾球界でプレーし、今季は台湾・中信の投手コーチを務めていた。

 今季は6月に森慎二投手コーチが多臓器不全のために急逝し、2軍から西口投手コーチが昇格。その後、ファームの投手強化を清川コーチだけが担当していた。西武は既に来季の2軍投手コーチに杉山賢人氏(48)の就任を発表している。

 来季のリーグ制覇に向け、強力打線を生かすためにも、投手力強化が最優先課題。若手の底上げを図る「切り札」として経験豊富な許氏に白羽の矢が立ったとみられる。

=2017/11/07付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ