侍・甲斐開幕マスク フリー打撃で稲葉監督から快音

西日本スポーツ

 稲葉監督が初陣を迎える国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(東京ドーム)で、韓国との16日の開幕戦で甲斐がスタメンマスクをかぶることが10日、決定的となった。同日の宮崎合宿で、韓国戦での先発が最有力となっている薮田と、18日の台湾戦で先発が濃厚な田口とバッテリーを組みブルペンで捕球した。

 低めの変化球もそらすことなく捕球した甲斐を、薮田は「隙がなくて投げやすい」と絶賛。全体練習後に行った二塁送球では、ストップウオッチ(記者計測)で最速1.72秒をマークし、19球中11球が1.7秒台と安定感を見せた。稲葉監督が投手役を務めたフリー打撃でも快音を響かせ「すごく雰囲気良くやらせてもらっている」と充実感をにじませた。

=2017/11/11付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ