ソフトB加治屋、久保新コーチ助言 投球フォーム改善

西日本スポーツ

 加治屋が“ブレない”男を目指す。新任の久保2軍投手コーチからシャドーピッチングで投球フォームをチェックされ、ブルペンでは70球の投球練習。「(投球時に)足を上げた際に軸が倒れていた影響で、腕が横振りになる癖を指摘されました。上からたたくイメージで投げると強い球が投げられた」。プロ4年間で未勝利のドラ1右腕は、近鉄時代に岩隈(現マリナーズFA)を育てた実績もある名コーチの言葉に熱心に耳を傾けていた。

=2017/11/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ