ソフトB栗原が自慢の持久力アピール

西日本スポーツ

 栗原が自慢の持久力を見せつけた。今キャンプで初めて行われた「12分間走」で野手陣2位の3100メートルを記録。「自分が目立てるところ(分野)なので狙ってました。1年目の秋は3300メートルくらい走った。走れる捕手が自分の特徴ですから」と胸を張った。今キャンプでは張本、九鬼らとともに来季の第3捕手の座を巡り火花を散らす。「まずは(来年)春のキャンプで1軍スタートにならないといけませんから」と息巻いていた。この日の12分間走では、育成で来季2年目の清水が3200メートルを記録してトップだった。

=2017/11/16付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ