侍・源田が激走ヘッスラで先制ホーム! 走った、当たった、回った、滑った

西日本スポーツ

 ◆アジアプロ野球チャンピオンシップ2017 日本-韓国(16日・東京ドーム)

 稲葉ジャパンの大会初得点を、源田(西武)が体を張って?たたきだした。

 0-0の3回2死走者なしから四球を選んで出塁。続く近藤健への1ボール2ストライクからの4球目でスタートを切った。

 近藤健の打球が高く弾んで一塁手の頭上を越える間、ノンストップで二塁を回っていた。回り込んだ二塁手が打球を処理し、三塁へ送球したが、ボールは源田の体に当たってファウルゾーンを転々。起き上がって頭から本塁突入し、右手でベースにタッチした。

=2017/11/16 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ