侍ヒヤヒヤの4回 失策で大ピンチ、ファウルにホッ…今永の3連続Kが野手陣救う

西日本スポーツ

 ◆アジアプロ野球チャンピオンシップ2017 台湾-日本(18日・東京ドーム)

 守備が乱れた侍ジャパンが、ロースコアの展開で冷や汗をかいた。

 1点リードの4回無死、内角球に詰まってバットが折れた陽岱鋼の打球は、高々と上がってマウンド後方へ。これに遊撃京田、三塁西川が見合うような形になり、滑り込んだ二塁中村も捕りきれず内野安打となった。

 続く王柏融の速いゴロを一塁山川がショートバウンドで押さえたが、二塁への送球が抜けて左翼へ転々。この間に無死一、三塁とされた。

 1死から左打者の蘇智傑が放った飛球に、右翼上林は途中でファウルと判断したような追い方だったが、落下点はラインをわずかに切れたところ。快投を続ける先発今永が3者連続の奪三振で切り抜け、野手陣は救われた格好だった。

=2017/11/18 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ