トノ、見事でござる 侍・外崎が3安打でダメ押し 右→中→左と打ち分け

西日本スポーツ

 ◆アジアプロ野球チャンピオンシップ2017 台湾2-8日本(18日・東京ドーム)

 侍ジャパンの当たっている6番外崎が、ダメ押しの適時打を放った。

 9回2死二塁で右腕・邱浩鈞の内角球を振り抜き、追いかけた左翼手の左を破る二塁打。代走オコエを本塁に迎え入れた。

 この試合は第1打席で右越えの先制ソロ、第2打席で中前打。3方向へ満遍なく打ち分けた3安打が、いずれも得点につながった。また、この試合は左翼でスタメン出場し、8回の守備から三塁に回っており、攻守にわたって幅を見せた形だ。

=2017/11/18 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ