侍の“トノさま”本日もお見事! 外崎が2夜連続先制打 前夜の先制弾に続き

西日本スポーツ

 ◆アジアプロ野球チャンピオンシップ2017決勝 日本-韓国(19日・東京ドーム)

 絶好調の侍ジャパンの外崎が、2夜連続の先制打をマークした。

 山川の四球などで迎えた4回無死一、二塁。ここまで打ちあぐねていた韓国先発の右腕パク・セウンの投じた外寄りの真っすぐを逆らわずに逆方向へ。右翼フェンス直撃の先制タイムリーとした。

 前夜は先制アーチとなった1本塁打を含む、3安打2打点と大暴れしたノリにノってる侍の“トノさま”が、この日も打棒を発揮した。

=2017/11/19 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ