ソフトB工藤監督“タカ笑い”止まらず 自軍選手が次々受賞 自身は最優秀監督賞

西日本スポーツ

 ホークス勢の受賞ラッシュに、工藤監督の“タカ笑い”も止まらなかった。投手部門4タイトル、打者部門3タイトルに加え、サファテがシーズンMVPに選出されるなど自軍選手の登壇が続いた。「彼らの喜ぶ顔を見ていると、一年間、頑張ってきてよかったなって思う。みんな、今の気持ちを忘れないでほしい。この喜びは一瞬だったりするけど、プロ野球選手である以上、常にここを目指してやらなければならない」。自身もチームを2年ぶりの日本一へ導いた手腕が評価され、最優秀監督賞に選出された。「この賞はチームを代表していただいた。私一人の力では到底取れる賞ではない」と感謝しきりだった。

=2017/11/21付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ