西武・平井「勝利の方程式」入り狙う イルミ点灯式に参加 シュリッター、牧田の穴埋める

西日本スポーツ

所沢駅のイルミネーション点灯イベントに参加した西武の平井(右)と駒月 拡大

所沢駅のイルミネーション点灯イベントに参加した西武の平井(右)と駒月

 西武の平井克典投手(25)が25日、来季の「勝利の方程式」入りを誓った。ドラフト5位ルーキーだった今季は中継ぎで42試合に登板し、2勝0敗、防御率2.40。セットアッパーだったシュリッターが退団し、牧田も米メジャー挑戦を表明しており、平井は「勝ちパターンで投げられるかどうかで大きな差がある。もちろん(その座を)取りに行くつもり」と2人の穴を埋める決意を示した。

 この日は埼玉県所沢市の所沢駅前のイルミネーション点灯式に参加。トークショーではクリスマスプレゼントで欲しい物に「絶対に打たれない変化球」を挙げた。詳細は明かさなかったが既に新たな球種の習得にも取り組んでいるという。

 「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」で侍ジャパン入りも果たした期待のサイド右腕。「もう一度日の丸を背負って戦いたいと思った。まずはシーズンで結果を残すことが大事」。レオのリリーフエースに成長し、侍に欠かせないピースになる。 (伊藤瀬里加)

=2017/11/26付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ