布陣ピタリ!福岡・井原監督「東京Vの特徴つかみ」1-0勝利 J1昇格PO準決勝

西日本スポーツ

 ◆J1昇格プレーオフ準決勝 福岡1-0東京V(26日・えがお健康スタジアム)

 前半に挙げた虎の子の1点を守り抜いた年間4位の福岡が、10年ぶりのJ1昇格を狙った同5位の東京Vをくだし、決勝進出を決めた。

 J2リーグ戦の順位で上回るため、引き分けでも決勝進出が決まる福岡は前半14分に山瀬の左足ミドルで先制。終盤は攻勢にさらされながら、逃げ切った。

 サイド攻撃対策で、普段の4バックでなく5バックに近い布陣で臨んだ井原正巳監督(50)は「ヴェルディさんの特徴などをつかみながら、どういう布陣でいくか考えて。実藤もケガから上がってきて、いいパフォーマンスをしてくれていた。形を少し変えてスタートして、選手はアグレッシブにいってくれた」としてやったりの表情。

 本拠地レベルファイブスタジアムはラグビーW杯に向けた改修工事中で、熊本開催となった。井原監督はJ2熊本に謝辞を述べた上で「多くの福岡のサポーターが来てくれて、天候が悪い中、後押ししてくれたおかげで、選手は90分間、走りきることができた」と頭を下げた。

 12月3日の決勝では準決勝のもう1試合、名古屋-千葉の勝者と対戦する。


=2017/11/26 西日本スポーツ=

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ