ソフトB甲斐、来季の盗塁阻止率4割超え誓う

西日本スポーツ

 甲斐が、来季の目標に盗塁阻止率4割超えを掲げた。今季はロッテ田村、西武炭谷に続くリーグ3位の3割2分4厘。「盗塁阻止率は数字として残る。上を目指してやりたいし最低ラインでも4割はクリアを」と意気込んだ。

 強肩を生かして、今季前半戦終了時には両リーグトップの4割7分6厘をマークしたが、夏場に体力不足などから数字を落とした。それだけに「体のケアをしっかりしたい」と今季の経験を踏まえ目標に挑む。

 この日は三井ゴールデン・グラブ賞の表彰式に出席。育成ドラフト出身捕手では史上初の戴冠に「慣れないので緊張します…」と頭をかいたが、すぐさま「満足できる数字を残したい」と表情を引き締め、名誉に恥じない活躍を誓っていた。

=2017/12/01付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ